市民公開講座

2021年度市民公開講座

  • 日時:2021年11月26日(金)13:30~16:00
  • 場所:栃木県総合文化センター サブホール

希少がんに関する正しい知識の普及と啓発を目的に、「2021年度市民公開講座」を開催いたしました。
希少がんセンター長の横島医師による講演や、当センターに通院されている希少がんサバイバーの東京パラリンピック車いすバスケットボール銀メダリストの髙柗選手をお迎えし、ご自身が希少がんに罹患されて経験された体験等を主治医との対談形式でお話しいただきました。
髙柗選手の病気と闘いながらも明るく前向きな考えや気持ちは、希少がんで苦しんでいる方への力強いメッセージになったと思います。

市民公開講座当日の様子を下記へ動画で掲載しておりますので、是非ご覧ください。

コロナ禍により患者さん同士が互いに悩みを話せる機会が少ない状況ではありますが、今回の市民公開講座が、がん患者さんの治療を継続していく上での支えになりましたら幸いです。

【動画視聴の注意事項】
  • 動画再生や視聴には大量のデータ(パケット)通信を行うため、携帯・通信キャリア各社にて通信料が発生します。
  • データ通信量が一定の基準に達した時点で通信会社での通信速度制限が行われることがあります。
  • スマートフォンやタブレットでご視聴の場合は、Wi-Fi 環境でのご利用を推奨します。
  • 発生したデータ通信費用についてはご視聴される方のご負担となりますので、予めご了承ください。

●開会挨拶

栃木県立がんセンター 理事長 菱沼 正一

●講演「栃木県立がんセンターの希少がん対策」

栃木県立がんセンター 希少がんセンター長 横島 一彦

●対談「希少がんに罹患して」

東京パラリンピック 車いすバスケットボール男子 日本代表
栃木レイカーズ 所属 髙柗 義伸 選手
対談:栃木県立がんセンター 骨軟部腫瘍・整形外科 科長 菊田 一貴

●閉会挨拶

栃木県立がんセンター 病院長 尾澤 巖

市民公開講座に関する問い合わせ先
がん相談支援センター(電話028-658-6484)


過去の市民公開講座はこちら

ページトップへ