栃木個別化医療研究所

研究紹介

患者由来がんモデルの樹立と応用

腫瘍組織・細胞から細胞株や実験動物を作成し、「患者由来がんモデル」として研究に使用します。具体的には、抗がん剤の薬効評価試験や遺伝子・タンパク質の機能解析を行います。生体内の腫瘍の性格を維持したモデルを開発し、その応用を図ります。

プロテオゲノミクス解析を用いたがんバイオマーカー開発

遺伝子からタンパク質まで網羅的に分子の異常を調べることで、浸潤・転移・治療応答性に関連した分子の異常を発見し、バイオマーカーとしての有用性を調べます。ゲノムに発生した異常の理解に基づいた治療法の開発に挑戦します。

がんのトランスレーショナルリサーチ

臨床の疑問点を基礎研究の技術で解決し、基礎研究の成果を治療法の開発につなげるという、基礎と臨床の双方向の連携体制(トランスレーショナルリサーチ)を構築します。産官学医療連携を目指して、大学や企業そして病院との多施設共同研究を行います。

 

» 前のページに戻る