がん相談支援センターとは?

開設の目的

栃木県立がんセンターは、平成19年1月31日付けで厚生労働省から「都道府県がん診療連携拠点病院」に指定されました。これを受け、今後は県内のがん医療に携わる他の医療機関と連携しながら、がん医療の均てん化(全国どこでも がんの標準的な専門医療を受けられるよう、医療技術などの格差の是正を図ること)を促進していきます。
当センターでは、がん診療連携拠点病院としての機能充実の一環として、『がん相談支援センター』を開設し、最新のがん情報を収集、積極的に発信するとともに、当センターの患者さんやその家族にとどまらず、広く県民の皆様からのがんに関する様々な相談に積極的に対応しています。


業務の概要

がん情報部門

がん情報の提供

  • 広報誌「がんセンターだより」の配布
  • 市民公開講座の開催
  • がんの治療や、がん医療に関する図書の貸出し、DVDやビデオの上映
  • 患者図書室「こやま文庫」での医学情報提供
    (インターネットが利用できるほか、同図書室に係る医学情報については、 非常勤医師への相談が可能)
  • がんに関する情報の啓示及びパンフレットなどの無償配布

がん情報の収集・発信

  • 地域の拠点病院等との連携による県内のがん診療に関する情報の収集・発信
  • インターネットを活用したがん情報の発信
  • セカンドオピニオンに関する情報の発信

相談支援部門

電話又は来所された方からの、次のような相談に無料で対応します。
相談に関する秘密は厳守いたします。

  • がんの治療法や副作用に関する相談
  • がんの予防や検診に関する相談
  • 在宅療養・介護に関する相談
  • セカンドオピニオンに関する相談
  • がん治療のための費用に関する相談
  • がんの治療等に伴う就労に関する相談
  • アスベストによる肺がん及び中皮腫に関する相談
  • HTLV-1関連疾患であるATLに関する相談
  • その他がんに関する各種相談

担当職員

専任のがん医療相談員の他、相談内容に応じて医師や保健師等が対応します。

ページトップへ