患者さんへ研究協力のお願い

 栃木県立がんセンターは、学問に裏付けられた最高のがん診断、治療を患者さんに提供できるよう努めており、新しい診断、治療、予防技術の開発、研究にも取り組んでいます。

1.情報・試料と研究

 当センターで診療を受けると、様々な診療情報や検査試料が集められます。
 主なものは、病歴(カルテにある情報)、レントゲン写真や内視鏡写真などの画像情報、血液や尿などの検査試料、診断のための生検(胃内視鏡検査などの際に組織の一部を採取すること)試料、手術で切除した組織などです。
 これらのものは、あなたの診療に使用された後、今後のがん医療の進歩のために行われる研究に役立てられる大変貴重な情報であり材料です。

 当センターでは情報・試料を研究に使用させていただくことについて、同意をお願いしております。(このことを包括的同意といいます)。

 情報・試料を活用した研究は、患者さん自身に身体的・精神的苦痛や経済的な負担をお願いするものではありません。

 医学の進歩のための研究にご協力いただきますようお願いいたします。

2.診療情報・検査試料と臨床研究審査委員会

 情報・試料は、栃木県立がんセンター臨床研究審査委員会(*)で人権やプライバシー、科学的妥当性などを確認し、承認された研究にのみ活用させていただきます。

* 臨床研究審査委員会:
栃木県立がんセンター内に設置している委員会。
医師/医師以外の委員および病院外の一般の方(弁護士、僧侶、大学教授等)がメンバーとなり、研究が医学的に適切で患者さんの人権が守られているかについて審議しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

 包括的同意をいただいたご自身の試料・情報がどのような研究に利用されたかの確認に役立つよう、研究の概要について掲載しております。

 包括的同意利用研究を含む、当センターで実施中の臨床研究一覧はこちらです。

 患者さんまたは代諾者の方は、情報・試料を研究に使われることを拒否することができます。

 詳細は研究概要中に記載のあるお問い合わせ・連絡先までお申し出ください。

更新日 2018年9月


ページトップへ