現在実施中の治験

現在、当センターで行われている臨床研究課題の一覧です。

来院されても必ずしも治験に参加できるわけではありません。すべての治験のまえに、病状や過去の治療歴などを確認し、必要な検査を受けていただく必要があります。 また、検査結果により参加できない場合もあります。

なお、お電話などでは、現在の患者さんの病状、健康状態を正確に判断できませんので、治験に参加できるかどうかの内容にはお答えできません。ご了承ください。

更新日 2018年4月18日

食道・胃

整理番号 研究課題 診療料
B-107 第一三共株式会社の依頼による胃癌・胃接合部癌患者を対象としたNimotuzumabの第Ⅲ相試験 腫瘍内科
B-118 大鵬薬品工業株式会社と株式会社ヤクルト本社の依頼による胃癌患者を対象としたTAS-118/L-OHPの第Ⅲ相試験 腫瘍内科
B-123 日本イーライリリー株式会社の依頼によるLY3009806(ラムシルマブ)の第II相試験 腫瘍内科
B-128 メルクセローノ株式会社依頼による胃腺癌または胃食道接合部腺癌を対象にした維持療法としてのMSB0010718Cと一次化学療法の継続とを比較する第Ⅲ相非盲検試験 腫瘍内科
B-132 ONO-4538 第Ⅱ/Ⅲ相試験
切除不能な進行又は再発胃がんに対する多施設共同無作為化試験
腫瘍内科

乳腺

整理番号 研究課題 診療料
B-084 早期乳癌患者を対象としたデノスマブの第Ⅲ相試験 乳腺外科
腫瘍内科
B-137 日本イーライリリー株式会社の依頼によるリンパ節転移陽性、ホルモン受容体陽性、HER2陰性の再発高リスク早期乳癌患者を対象としたアベマシクリブ(LY2835219)の第Ⅲ相試験 乳腺外科
腫瘍内科

肝胆膵

整理番号 研究課題 診療料
B-134 転移性膵がん患者を対象としたBBI608とnab-パクリタキセル+ゲムシタビン併用の第Ⅲ相試験 腫瘍内科

前立腺

整理番号 研究課題 診療料
B-131 エンザルタミド製造販売後臨床試験 泌尿器科

血液・リンパ

整理番号 研究課題 診療料
B-104 再発又は難治性の多発性骨髄腫患者を対象とした経口MLN9708とレナリドミド及びデキサメタゾン併用療法の多施設共同ランダム化二重盲検プラセボ対照第3相比較試験 血液内科
B-109 再発の多発性骨髄腫患者を対象にcarfilzomib 及びデキサメタゾンとボルテゾミブ及びデキサメタゾンを比較する無作為化非盲検第Ⅲ相試験 血液内科
B-117 小野薬品工業株式会社の依頼による第Ⅰ相試験 血液内科
B-122 再発及び難治性の多発性骨髄腫患者を対象にデキサメタゾン併用時のカルフィルゾミブ週1回投与と週2回投与を比較する無作為化非盲検第Ⅲ相試験 血液内科
B-127 CD20陽性B細胞性非ホジキンリンパ腫(NHL)を有する患者を対象としたABP 798の有効性、安全性及び免疫原性をリツキシマブとの比較において評価する無作為化、二重盲検試験 血液内科
B-130 武田薬品工業株式会社の依頼によるイキサゾミブの第Ⅱ相試験 血液内科
B-133 アッヴィ合同会社の依頼による再発又は難治性の多発性骨髄腫患者を対象としたvenetoclaxの第III相試験 血液内科
B-135 全薬工業株式会社の依頼によるIDEC-C2B8の90分間投与臨床第Ⅱ相試験 血液内科
B-138 再発又は難治性の多発性骨髄腫患者を対象にカルフィゾミブ、デキサメタゾン及びDaratumumabとカルフィゾミブ及びデキサメタゾンを比較する無作為化非盲検第Ⅲ相試験 血液内科
B-139 ノバルティスファーマ株式会社の依頼による LBH589D1201の第II 相試験 血液内科
ページトップへ