薬剤部

①患者さんへ

外来初診時や入院時には、安全に治療や検査を受けていただくため、お薬を確認させていただいています。
来院時には、お薬手帳、お薬の説明書き、お薬そのものなど、現在服用されているお薬が分かるものをご持参ください。

お薬でお困りの方へ

薬剤部では、担当医からの依頼に加えて、ご希望があればお薬の相談を受け付けています。お気軽にご相談ください。(当センターでの使用薬に限ります)

◆外来受診中の方へ
当センター内薬局カウンター(本館1階)、またはかかりつけ薬局(保険薬局)の薬剤師にご相談ください。
また、外来診察前後での薬剤師面談をご希望の場合は、担当医もしくは薬局カウンターにお声かけください。

◆入院中の方へ
全病棟に、担当薬剤師を配置しています。 病棟スタッフにお声かけください。

外来受診時のお薬について

当センターは、医薬分業の方式をとっており、原則すべての診療科において院外処方せんを発行しています。
診察時に担当医から院外処方せんを受け取ったら、院外の保険薬局にご持参いただきお薬の調剤を受けてください。
保険薬局では、薬剤師が患者さんごとにお薬に関する情報等を記録し、重複投与やアレルギーの有無、副作用のチェック等の管理を行ったうえで調剤を行います。また、お薬を安全に服用いただくため、お薬を渡す際には、正しい服用方法や留意点について説明します。是非ご自身の「かかりつけ薬局」を決めておいてください。

医薬分業により、医師と薬剤師がそれぞれの専門分野で業務を分担することができ、地域医療がより充実することが期待されます。

◆院外処方せんに関するご注意
・処方されたお薬の内容は合っていますか?

・処方されたお薬の日数は合っていますか?
受け取った際に、処方せんの日数を確認しましょう。

・有効期限は発行日を含めて4日間です。
できるだけ当日中に、保険薬局へ処方せんを持って行きましょう。

・院外処方せんについて不明な点がございましたら、総合案内または薬局カウンターにご相談ください。

後発医薬品(ジェネリック医薬品について)

当センターでは、後発医薬品を希望される外来患者さんに対して、原則後発医薬品に変更することができる院外処方せんを発行しています。
ご希望の方は、診察を受けられる時に、医師にご相談ください。医師が診療上、変更しても差し支えないと判断した場合に、患者さんは、保険薬局にて、後発医薬品を選ぶことができます。
なお、先発医薬品に対して後発医薬品が発売されていない場合があります。

下記のサイトに、後発医薬品(ジェネリック医薬品)についての説明が掲載されています。

政府広報オンライン:
安心して使用してください ジェネリック医薬品
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201309/4.html
全国健康保険協会
ジェネリック医薬品(後発医薬品)について
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat570

ページトップへ