Q&A

がん検診は必要ですか?

がんは日本人の死因のトップであり、年間35万人以上の方が、がんで亡くなっています。しかし多くのがんは早い時期に見つけ、治療すれば治ります。がんは早期発見が大切です。肺がんや胃がん、大腸がんや女性の乳がんなどの多くのがんは40歳を越えると増加してきます。40歳を過ぎたらがん検診受診をお勧めします。
また、子宮頸がんは20歳を越えると増加してきます。20歳以上の女性の方は、子宮頸がんの検診をお勧めします。

がんの種類によっては、がんの既往のある方は別のがんにかかるリスクが高いことが知られています。また、両親や兄弟、姉妹ががんの方は、同じがんになるリスクが高いこと、ヘビースモーカーの方や糖尿病の方は、そうでない方よりがんになりやすいことが知られています。このようないわゆるハイリスクに該当する方は、がん検診受診をお勧めします。

 

他の健診で、「要精密検査」となってしまいました。精密検査としてがんセンターのがん施設検診は受診できますか?

がん検診は自覚症状のない「自分は健康だろう」と思っている人にがんが隠れていないかを調べるものです。現在治療中のがんがある方や自覚症状があり悩んでいる方、また他の検診で要精密検査と言われている方は がん検診ではなく、外来を受診してください。当センターの外来も受診可能です。

 

肺がん検診で、喀痰検査も受けた方がよいですか?

 喀痰検査は、痰を採取してがんを疑う異常な形の細胞の有無を調べる検査です。喫煙者は肺の入口に近い気管支(空気の通り道)にがんができることがあり、この検査で調べます。喫煙者(過去における喫煙者を含む)の方にお勧めします。ただし、痰が出ないと検査はできません。

 

乳がん検診を検討しています。超音波検査とマンモグラフィ検査のどちらを受けたほうかよいですか。

女性のがんで最も多いのが乳がんです。乳がんにかかる人は30歳より増加し始め、40歳代で最も多くなります。30歳を過ぎたら、女性の方は早期発見のできる乳がん検診受診をお勧めします。

若年の方は乳腺が発達しているため、マンモグラフィ検査ではしこりが乳腺の中に隠れてしまい、はっきりとしないことがありますが、乳腺超音波検査では乳腺が発達した方のしこりも検出することができます。そのため、若年の方は、乳腺超音波検査をお勧めします。

40歳以上の方では、乳腺超音波検査とマンモグラフィ検査を併用することで乳がんの発見を向上させることができますので、併用検査をお勧めします。

ページトップへ