乳腺コース

乳腺コースについて

女性のがんで最も多いのが乳がんです。乳がんにかかる人は30歳より増加し始め、40歳代で最も多くなります。30歳を過ぎたら、女性の方は早期発見のできる乳がん検診受診をお勧めします。乳がんの検査は「マンモグラフィ」と「乳腺超音波検査」を行います。若年者の方や乳房の発達した方は乳房超音波検査を、40歳以上の方は乳房超音波検査とマンモグラフィの両方の検査をお勧めします。 なお、豊胸術にて乳房内にシリコンなどを挿入されている方は、検診では十分な検査が行えない可能性があります。 また、マンモグラフィでは挿入物が破損する危険性がありますので、検診はあまりお勧めできません。


乳腺超音波検査

超音波を用いて乳房に病変が無いかを検査します。触診では見つけることのできない小さなしこりを見つけることができます。また、乳腺の発達した方や若年者の方のしこりを検出することができるため、こうした方にお勧めの検査です。


マンモグラフィ検査

乳房X線撮影検査です。小さなしこり、とくに石灰化のある乳がんの検出に優れています。しかし、乳房の発達した方や若年者の方は乳腺が多いため、マンモグラフィではしこりが乳腺の中に隠れてしまい、はっきりとしないことがあります。また、X線被曝があるため、ハイリスクケースを除き、若年者の方への検診マンモグラフィ撮影は推奨されていません。 なお、ペースメーカーを装着されている方は破損の危険がありますので、マンモグラフィはできません。

注意事項
・乳房疾患で、定期的な治療・経過観察をされている方、豊胸手術をされた方、かかりつけ医療機関を受診してください。
・乳房にシリコンが挿入されている方は、挿入物が破損する危険性がありますので、検査はできません。
・心臓ペースメーカー等を装着されている方は、破損や誤作動などの危険がありますので検査はできません。
・妊娠中または妊娠の疑いのある方、授乳中の方は検査はできません。

 

ページトップへ