子宮頸部コース

子宮頸部コースについて

子宮頸がんは20歳から40歳代前半の若い年齢層の女性で増加しています。20歳以上の女性の方は子宮頸がん検診をお勧めします。子宮頸がんの検査は婦人科専門医が「内診」と「子宮頸部細胞診」を行います。


内診

腟鏡(クスコ)を用いて子宮頸部の状況を観察し、腫瘍の有無などを確認します。


子宮頸部細胞診検査

子宮頸部の粘膜を採取し、がん細胞の有無などを顕微鏡で調べます。月経中は十分な検査ができない場合があります。

注意事項
月経中の方は、月経日以外の日に日程を変更して下さい。 以下の方は、医療機関で診察、治療・経過観察を行って下さい。
  • 子宮筋腫など婦人科疾患の治療・定期的な観察を実施している方。
  • 避妊リングを使用している方。
  • 不正出血がある方。
  • ホルモン療法をされている方。

オプション検査

ヒトパピローマ核酸検査

子宮頸がん、又は前がん段階である異形成の原因となるウイルス(HPV)に感染しているかどうか調べる検査です。
子宮頸部細胞診検査と併用することで、異形成の診断精度を向上させることができます。
※子宮頸部細胞診検査の際に採取した検体から検査ができます。

ページトップへ