食道・胃コース

食道・胃コースについて

日本人に多いがんで、男女合わせると罹患数が最も多いがんです。死亡率は減少していますが、死亡者数は肺がんに次いで2番目に多いがんです。年齢とともに胃がんにかかる確率は増加します。 また、食塩を多くとる地域に多いことが知られています。40歳を過ぎたら胃がん検診受診をお勧めします。胃がんの検査は「上部消化管内視鏡検査」または「上部消化管X線検査」を行います。


上部消化管内視鏡検査

食道、胃、十二指腸を直接覗いて、病変の有無を調べます。
詳しく調べた方が良いと判断されたときは、表面の粘膜を一部採取して(生検と呼んでいます)顕微鏡を用いて調べます。

注意事項
・内視鏡検査をご希望の方は、ご予約時に問診が必要となります。内服治療中の方は検診受診に際し、主治医の承諾を得ていただく必要があります。詳細についてはお問い合わせください。
・「上部消化管内視鏡検査についての説明」をお読みいただき同意書への署名が必要になります。
・生検をした場合は、保険診療料金でご請求いたしますので必ず健康保険証をご持参ください。

上部消化管X線検査

バリウムなどの造影剤を飲みながら、食道・胃などの形や動き・粘膜の状態を観察して、粘膜の凹凸からがんや潰瘍などがないか調べます。

注意事項
・ペースメーカー等を装着している方は、誤作動などの危険がありますので検査はできません。
・過去にバリウムによるアレルギー症状の既往のある方は、検査はできません。

オプション検査(上部消化管内視鏡検査に併せて受診いただけます。)

培養・検鏡(ヘリコバクタ・ピロリ菌)検査

培養法

胃の粘膜組織の一部を培養し、ピロリ菌が増殖するか調べます。

検鏡法

内視鏡で胃の粘膜組織の一部を採取し、染色してピロリ菌を顕微鏡で観察します。

糞便中抗原測定(ヘリコバクタ・ピロリ菌)検査

便を検診当日までに1回採取して、胃の中のヘリコバクタ・ピロリ菌の有無を調べます。

ページトップへ