がん施設検診のメリットとデメリット

メリット

がん検診の最大のメリットは、がんの早期発見、早期治療による救命が期待できます。がん検診受診者には以下のようなメリットがあります。

  • がんの早期発見、早期治療によりがんが治る事が期待できます。
  • 精密検査が必要と判断された場合は当センターの外来を受診いただけます。また、他医療機関への紹介も致します。
  • 「異常なし」と判定されれば安心感が得られます。ですが、「過信」は禁物です。定期的にがん検診を受診しましょう。
  • がん検診に関する相談が受けられます。

デメリット

がん検診には以下のようなデメリットもあります。

  • がん検診によって、がんが100%見つかるわけではありません。
    どのように優れた検査でも100%の精度ではありません。がんそのものが見つけにくい形であったり、見つけにくい場所に出たりする場合があるため、ある程度の見逃しは起こる可能性があります。
  • がん検診によって、がんの疑いがあると判定され、精密検査を行ってもがんがない場合もあります。これを検査での「擬陽性」といいます。精密検査を行ってはじめてそれとわかります。結果的にみれば不必要な治療や検査が行われることがあります。
  • 検査には偶発症があります。
    どのような検査でも100%安全とは限りません。極めてまれですが、死亡することもあります。
  • 検査を受けることによる心理的負担が生じることがあります。
    検査を受けることへの不安や良性か悪性か、検査の結果が出るまでに不安を感じる方もいます。

 

ページトップへ