CTガイド下生検

CTガイド下生検を受けられる方へ

CTガイド下生検とは?

体内にある腫瘍などをCT画像を利用して正確に針を刺して組織を採取し、調べるための検査です。 CT画像を利用するため、小さく深部にある腫瘍でも正確に生検することが可能です。


検査の様子

1) 検査台に横になります。 体位は検査部位によって異なりますので、指示に従ってください。
2) 体内に針を刺すため穿刺部位を消毒します。
3) 体内に針を刺す痛みを軽減するために、麻酔の注射をしてから検査を進めていきます。
4) 麻酔を注射後、生検用の針を刺していきます、検査指示に従ってください。

検査中のお願い

  • 検査時間は 30分程度です。
  • 針を刺す場所によって体位が決まりますので、検査の指示に従ってください。
  • 検査中は 体を動かさないでください。
  • 体内に針を刺すため麻酔を使用します。麻酔を使用後も痛みが強い場合は言ってください。
  • 検査部位によっては、息止めも重要になります。検査スタッフの指示に従って息止めをしてください。 息を止めている時間は 20秒程度です。
  • 検査中に何か異常を感じた場合は検査スタッフに伝えてください。
ページトップへ