血管撮影検査

血管撮影検査を受けられる方へ

血管撮影検査とは?

血管(動脈)に細い管(カテーテル)を入れて、造影剤を流しながら見たい血管の撮影をして画像にする検査です。 また、動脈に造影剤を流しながらCT撮影する事もあります。

DSA画像/アンギオCT画像


検査の様子

検査の様子1 検査の様子2
血管撮影をする部屋でCT撮影もできます。 操作室から検査室の様子がわかるようになっています。

検査中のお願い

  • 検査時間は検査内容により違いますが、 約1時間くらいです。
  • 検査中は清潔な布で体を覆います。手を体の前に持ってこないでください。
  • 検査中は何か不都合がございましたら、体を動かさないで 声に出して言ってください。
  • 検査中に何度も写真を撮ります。その時は合図に合わせて しっかり息を止めてください。 大体15~20秒くらいです。
  • 途中でCT撮影をすることがあり、両腕を上げてもらいます。 この時も合図にあわせて しっかり息を止めてください。大体15~20秒くらいです。
  • 写真を撮っている時に、息が止まっていなかったり体が動いたりすると、きれいな見やすい写真が撮れませんので、 体を動かさないでしっかり息を止めるようにしましょう。

※ 検査(頭部・頚部・足など)によっては息止めがない場合もあります。


検査終了後は?

  • 針を穿したところに1時間ぐらい重りをのせます。
  • 帰室後3時間から体位変換・座位は自由ですが、歩行はできません。
  • 食事はすぐに摂る事ができます。
ページトップへ