注腸検査

注腸(バリウム)検査を受けられる方へ

注腸検査とは?

X線を使い、肛門からバリウムと空気を注入し大腸の病気(ポリープ・潰瘍・がん)を調べる検査です。 この検査は前処置がもっとも大切です。


検査の流れ

  • 通常、胃腸の動きを抑える薬を 注射します。目がチカチカすることがあります。
  • おしりから バリウム空気を入れて検査を行いますので、少し お腹がはります
  • 検査終了後、トイレにいって排泄していただきますので、検査中はなるべく我慢してください。
  • バリウムを腸に均一に付着させるため、 何度も体の向きを変えながら検査を行います。
  • 検査時間は 約15分程度ですが、場合により時間がかかる時もあります。

検査中のご注意

  • 検査中は、 おしりをしめて、バリウムと空気がもれないようにしてください。
  • 体の向きを、 すみやかに変えてください。

終了後のお願い

  • 検査終了後、トイレにいって 排泄してください。
  • 食事は普通にとってかまいません。
  • バリウムは 自然に排泄されます。 下剤は必要ありませんが、指示がない場合は水分を多めに取ってください。
  • 車を運転する方は、1時間ほど休んでからお帰りください。

 

※検査についての質問は、担当する技師にお気軽にお尋ねください。

ページトップへ