骨・腹部検査

骨・腹部X線検査を受けられる方へ

骨・腹部X線検査とは?

X線を頭部(骨)や腹部などにあてることで、骨折や腹部の状態を観察する検査です。 造影剤を使わず、そのままの状態で撮影するX線検査をいいます。


検査の様子

  • 検査は 5番検査室(骨・一般撮影室)で行います。
  • 検査時間は撮影部位や撮影枚数により異なりますが、1部位につき 約5~10分程度です。


検査中のお願い

  • 写真がぶれないように合図があるまで、 体を動かさないでください。
  • 息止めについては、部位により 息をすう場合、息をはく場合、息止めなしの場合があります。
  • 息を止めている時間は、 数秒です。

検査する際の注意

  • 金属(ヘアピン、入れ歯、ネックレス、ホック等)、シップ、エレキバン、カイロ(冬季)は、X線写真に写ってしまいますので、はずしてください。
  • 検査時は、 薄手の肌着、Tシャツ(プリント状況によって不可)、検査着等は身に付けていてもかまいません。
  • 薄手の肌着等をお持ちでない方は、検査衣を用意してありますので、担当する技師にお尋ねください。

 

※検査についての質問は、担当する技師にお気軽にお尋ねください。

ページトップへ