生理機能検査

生理検査室

生理検査室では、心電図検査・肺機能検査・超音波検査など治療方針決定に必要な検査を行っています。
超音波検査は、主に日本超音波医学会の認定資格を取得した技師が検査を行い、同学会認定医が確認して報告しています。
正確で精度の高い検査を行うため、研修会や学会に積極的に参加し、最新の知識や技術の取得に努めています。


心電図検査

心臓は血液を全身のすみずみまでとどける重要な臓器です。心臓は自ら活動電位を発生させることで動いています。この電位を波形として表したものが心電図です。波形の形やリズムから不整脈や狭心症などの心臓の異常を知ることができます。心電図検査にも安静時12誘導心電図、負荷心電図、ホルター心電図などさまざまな検査があります。

12誘導心電図

目的:不整脈や狭心症などを調べるためにおこなわれます。
方法:両手首・両足首に1ヶ所ずつ、胸部に6ヶ所の電極をつけて検査をします。
電極は使い捨てのパッドを使用します。
検査時間:3-4分




負荷心電図

目的:運動で誘発される狭心症や不整脈などを調べるためにおこなわれます。
方法:安静時の心電図を確認後、検査用の階段を1分30秒もしくは3分間昇降していただきます。運動後はすぐにベッドによこになっていただき5~7分間心電図を記録します。
注意点:心臓の病気で通院されている方は検査時に担当技師に伝えて下さい。
検査時間:15分

ホルター心電図

目的:12誘導心電図だけではとらえられない動悸、失神、めまい、胸痛の原因を調べるためにおこなわれます。
方法:小型の心電計を24時間装着し、検査中は行動記録表を記入していただきます。
注意点:ホルター心電図は24時間持続的に心電図を記録する検査です。そのため検査予約日と翌日の2日間来院していただく必要があります。装着している間は入浴できません。
検査時間:24時間


呼吸機能検査

呼吸機能検査は気管支喘息や肺気腫などの各種呼吸器疾患の状態を評価し、手術前に全身麻酔が可能か、呼吸管理が安全におこなえるかなど呼吸機能を評価するためにおこなわれます。全身麻酔で手術を行う前には必ず実施される大切な検査です。検査項目は①肺活量②努力性肺活量③最大換気量④分時換気量⑤機能的残気量⑥クロージングボリューム⑦肺拡散能の7項目ですが、通常の検査は①②の2項目のみです。検査の目的(肺の手術前・薬の副作用を調べる)によっては5-7項目の検査をおこないます。

方法:検査中はノーズクリップで鼻を押さえます。
使い捨てのマウスピースを口でくわえていただいて、 大きく息を吸ったり吐いたりします。 検査技師が声をかけながら検査をしますが、患者さん の努力と協力がないと正しい評価ができない検査です。

検査時間:検査内容によって検査時間が異なります。
2項目で5~10分、7項目で約30~60分程度です

 


超音波検査

超音波検査は人の耳には聞こえない音(超音波)を利用した検査で、各臓器の状態、腫瘤の有無などを調べます。
骨や空気は超音波を透さないため、骨の内部や骨のうしろにある臓器、空気を含んだ臓器(肺・胃・大腸など)は検査できません。
放射線を利用した検査ではないので、被爆の心配はありません。
検査は少し暗い部屋でおこないます。肌に検査用ゼリーを塗布し、探触子をすべらせながら検査をすすめていきます。

 

 

腹部超音波検査

目的:肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓を調べる検査です。腫瘤の有無、腫瘤の質的診断(良性・悪性の鑑別)や病変の広がり、転移の有無を調べる目的で実施されます。腹痛や発熱、肝機能障害の原因を調べるために行われることもあります。また、手術後の経過観察のためにも行われます。
方法:検査の際には大きく息を吸ったり止めたりしていただき、この息止めの時に臓器を観察します。通常は仰向けで検査をしますが、観察する臓器によっては体の向きを変えていただくこともあります。

注意点:臓器が観察しにくくなるので、検査前4時間は食事をしないでください。午前の予約であれば前日の食事は夜8時までに済ませ、検査当日は朝食を摂らずにお越しください。午後の予約であれば昼食を摂らずにお越しください。ただし、水やお茶は摂取可能です。お薬はいつも通り水で服用していただいで構いません。
検査時間:約15分

乳腺超音波検査

目的:乳房内の腫瘤の有無や成分を調べます。乳房の検査には超音波検査のほかにマンモグラフィー検査があります。主にマンモグラフィーは腫瘤の発見に役立ち、超音波検査では腫瘤の成分(水の溜まりなのか、腫瘍なのか)がわかります。
方法:仰向けで検査をします。
注意点:ネックレスなどの装飾品は外してください。
検査時間:約15分

甲状腺超音波検査

目的:甲状腺の大きさや内部の腫瘤の有無を調べる検査です。甲状腺とは喉仏の下にある、蝶の形をした臓器です。
方法:仰向けで、あごを上げた状態で検査します。
注意点:検査当日は首が広く開いている服を着てきてください。ネックレスなど装飾品は外してください。
検査時間:15分

心臓超音波検査

目的:心臓の形態や動き、弁の動きや血液の流れを調べる検査です。化学療法や分子標的薬の副作用を調べる際にもおこないます。
方法:3ヶ所に心電図をつけた状態で、左横向きで検査をします。検査中は、技師の声かけで息を吐いたり止めたりしていただきます。
検査時間:30分

下肢静脈超音波検査

目的:下肢の静脈内の血栓を調べる検査です。足のむくみや腫れの原因を調べます。また、これらの症状がない場合でも血液検査の結果で検査がおこなわれることがあります。
方法:両足の付け根からくるぶしまでゼリーを塗布して検査します。
検査時間:約30分<

ページトップへ