骨転移外来

骨転移外来

当センターの受診患者さん向けに骨転移外来を開設しました。受診を希望される方は、主治医にご相 談下さい。

骨軟部腫瘍・整形外科では、骨転移に対するマネージメントをさらに充実させるため、骨転移外来を開設しました。

がんの骨転移は、がん患者さんの運動機能に影響を与える大きな問題の一つとなっています。骨転移の症状により、運動機能が低下してしまうと、がん治療の継続が難しくなるだけでなく、日常生活にも支障を来してしまうことがあります。そのため、骨転移に対する適切なマネージメントを行い、がん患者さんの運動機能を維持し、がん治療を継続してもらうためにも非常に重要となります。

骨転移外来では、がん患者さんの運動機能の低下につながる骨転移の症状が生じることを未然に防ぐこと、あるいは、骨転移の症状が起きてしまった場合には、運動機能を回復するために適切な対処をしていくことを目指しています。

骨軟部腫瘍・整形外科 第2・4木曜日PM 交代制 (菊田、中川、吉山)

診療室
午前 - - - - -
午後 - - - 骨転移外来
(第2・第4木曜日)
-

※見出しをクリックすると内容が開きます。

ページトップへ