ロボット支援手術センター

ロボット支援手術センター

栃木県立がんセンターは、県民が求める高度で専門的ながん医療を提供するとともに、都道府県がん診療連携病院として栃木県のがん医療水準の向上・均てん化をするなど県内のがん医療に対して重要な役割を担っています。高齢社会における高齢者への体に負担が少ない低侵襲手術のニーズにこたえ、県民に高度医療を提供するため、今回、手術支援ロボット「ダビンチ(da Vinci)」の導入をすることといたしました。

栃木県立がんセンターでは、2020年度に手術支援ロボット「ダビンチ(da Vinci)」の導入を目指し、ロボット支援手術センターを設立しました。 この手術支援ロボットによる手術は、通常の開腹、開胸手術に比べて傷口が小さくて済むため、出血の抑制、合併症リスクの低減、早期の回復、最小限の傷痕、入院期間の短縮等の利点があるといわれています。既に欧米においては日常診療の一部になっており、日本でも2012年から保険診療が始まりました。がん手術の分野においても、この手術支援ロボットを用いた手術方式は広がりつつあり、一部の術式では標準手術になっています。がん専門病院として県民が求める高度で専門的ながん医療を提供するためには、この手術支援ロボットの導入は不可欠と判断し、当センターで導入を目指すこととなりました。 これまで患者さんの体に負担が少ない治療の一環として、鏡視下手術を積極的に行ってまいりましたが、より安全で質の高い最先端医療を提供するため、2020年9月より最新鋭の手術支援ロボット「ダビンチ」による手術を開始します。ロボット支援手術センターでは、安全なロボット手術の運用に向け、医師、看護師、麻酔医、臨床工学技士など多くの職種が連携し、チーム一丸となって取り組んで参ります。

インテュイティブサージカル社が開発した手術支援ロボット「ダビンチ」は、術者がモニターを通して患者の体内を覗き込むことで広い視野を確保することができ、また、モニター映像も高倍率3D HD技術により手術部位を正確な距離間隔で明瞭に視認することが可能となっています。さらに、手首となる機器は、人の手の機能をはるかに超えて曲がり回転するため、術者は安定した自然な動きで手術を行うことが可能となっています。詳しくはインテュイティブサージカル社のホームページをご覧ください。

2020年9月より泌尿器科にて手術を開始し、順次、消化器外科(大腸骨盤外科、食道胃外科)、婦人科へ適用範囲を拡大していく予定です。

  • 2020年9月中旬から
    泌尿器科 前立腺手術 開始
  • 2020年10月から
    大腸骨盤外科 直腸手術 開始予定
    食道胃外科 胃手術 開始予定
  • 2020年11月から
    婦人科 良性腫瘍手術 開始予定
  • 2020年12月から
    食道胃外科 食道手術 開始予定
  • 2021年4月下旬
    婦人科 子宮体がん手術 開始予定
  • 医 師
    貫井 昭徳(センター長)
  • 医 師
    小澤 平太(副センター長)
  • 看護師
    橋本 綾子(ゼネラルマネージャー)
  • 医 師
    大坪 俊紀

※見出しをクリックすると内容が開きます。

ページトップへ