歯科口腔外科

歯科口腔外科は2016年4月1日に開設されました。
初診は月曜日~金曜日の朝9時~15時30分で随時、受付可能です。
口腔癌以外の口腔外科疾患も診察いたしますが、通常のう蝕や歯周炎などの治療は行っておりません。

常勤医師

担当医師名 診療日 専門分野/学会認定等
土屋 欣之
(つちや よしゆき)

月(午前・午後)

水(午前・午後)

金(午前・午後)

鶴見大学卒
歯科口腔外科科長

・日本口腔外科学会専門医 指導医
・日本がん治療学会認定医(歯科口腔外科)
・臨床研修指導歯科医
・専門分野:口腔癌、口腔外科全般

榎本 康治
(えのもと やすはる)
火(午前)

東京歯科大学卒 
歯科口腔外科医長

・日本口腔外科学会認定医
・日本口腔ケア学会(認定3級)
・専門分野:口腔癌、口腔ケア、有病者歯科

非常勤医師

担当医師名 診療日 専門分野/学会認定等
金澤 正英
(かなざわ まさひで)
火(午後)

木(第1週、第3週の午後)
日本歯科大学卒 
非常勤歯科医師

・日本歯科心身医学会認定医・指導医・評議員
・日本HIV歯科研究会評議員
・元東京医科大学歯科口腔外科客員講師
・専門分野:一般歯科、口腔外科全般

外来診療のご案内外来診療日程表診療案内

担当疾患

悪性疾患

舌癌、下顎歯肉癌、上顎歯肉癌、頬粘膜癌、口蓋癌、口唇癌、唾液腺癌など

良性疾患

良性腫瘍:エナメル上皮腫、粘液腫などの歯原性良性腫瘍    
口腔外科疾患:埋伏智歯、歯性感染症、顎顔面外傷、顎関節症など  
有病者歯科治療 :一般歯科医院での対応が困難な方の歯科治療  
口腔粘膜疾患:口内炎、白板症、口腔カンジダ症など

その他

摂食・嚥下障害のリハビリテーション       
当院で治療中の患者さんの口腔ケア

特長

1.口腔癌

県内唯一のがん専門病院の利点を生かし他科との連携のもと最良の口腔癌治療に努めます。術後の機能回復のために術後早期にリハビリを導入します。患者さんやご家族の気持ちに添った治療を心掛けています。

2.口腔外科疾患

一般歯科医院にて対応が困難な口腔疾患全般に対応いたします。

3.一般歯科にも対応

静脈内鎮静や全身麻酔下での外科処置や一般歯科の処置も行います。

4.がん治療に伴う口腔合併症への対応

がん専門病院の歯科口腔外科として、主に入院患者さんの一般歯科・口腔外科疾患の治療を行っています。特に周術期口腔ケアや、がん治療中に生じる口腔内合併症(口腔粘膜炎・歯肉出血・歯肉感染症・薬剤誘発関連顎骨壊死など)の治療、癌治療のために一般歯科医院にて対応が困難な状態の患者さんの歯科治療を行っています。

5.栄養サポートチーム(NST)・嚥下サポートチームへの参加

栄養サポートチーム(NST)・嚥下サポートチーム:栄養サポートチームや嚥下サポートチームの一員として活動し、咀嚼機能を再獲得させるための治療や嚥下を補助する為の補綴装置の作成を行っています。また、頭頸科医師や言語聴覚士、管理栄養士と協力して嚥下サポートが必要な入院患者さんの摂食・嚥下機能の評価や嚥下訓練も行います。


ページトップへ