腫瘍内科

常勤医師

担当医師名 診療日 専門分野/学会認定等
行澤 斉悟
(ゆきさわ せいご)
火(午前)

水(午前)

木(午前)
千葉大学大学院卒 医学博士
腫瘍内科科長

・日本内科学会認定専門医・指導医
・日本消化器病学会消化器病専門医・指導医
・日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医・指導医
・日本超音波医学会超 音波専門医・指導医
・日本肝臓学会肝臓専門医
・日本がん治療認定医機構がん治療認定医
千嶋 さやか
(ちしま さやか)

火(午前)

水(午前)

金(午前)

群馬大学卒
腫瘍内科医長

・日本内科学会専門医
・日本消化器病学会消化器病専門医
・日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
・日本肝臓学会肝臓専門医
奈良 江梨子
(なら えりこ)
月(午前)

火(午前)

金(午前)
岩手医科大学卒
腫瘍内科医師

・日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
・日本内科学会認定医

外来診療のご案内外来診療日程表診療案内

担当疾患

主に消化器疾患。

特長

1.抗がん剤を用いて薬物療法を実施する診療科

腫瘍内科は、いわゆる抗悪性腫瘍薬を用いて薬物療法を実施することを主な業務としている診療科です。手術が主な治療となる患者さん以外の患者さんに対して、中心的に 診療を担当しています。個々の患者さんに対して、本人と相談の上で化学療法、内分泌療法、生物学的療法、分子標的療法を実施しています。 診療の対象としている疾患は、悪性腫瘍のうち、消化器がんが主体となります。

2.すべての患者さんに最善と考えられる治療を提供

がん薬物療法は、悪性腫瘍の患者さん以外には絶対に投与しない抗悪性腫瘍薬を用いて行うものであり、期待される効果が必ず出るわけではないこと、予想される副作用が生命に危険が及ぶものや不可逆なものとなる可能性も少なくないため、すべての患者さんに対して、本人に説明し、最善と考えられる方法を提示して実施しています。また、よりよい治療を開発するための臨床試験や新規薬剤による 治験も実施しています。

3.化学療法以外の選択肢も提示

放射線療法、化学療法と放射線療法を併用する化学放射線療法や手術療法について、適応のある患者さんに対して、適宜治療の選択肢を提示して説明し、放射線治療科や外科系診療科と連携して治療を実施しています。 また、治癒が困難な患者さんにおいては、症状緩和が治療の目的の一つとなることもあり、緩和ケアについても緩和ケア科と連携して実施しています。

ページトップへ