婦人科

常勤医師

-->
担当医師名 診療日 専門分野/学会認定等
関口 勲
(せきぐち いさお)
関口 勲
【一般外来】
木(午前)
統括診療部 医師
緩和ケア科 兼 婦人科医
◆島根医科大学卒
・日本産婦人科学会産婦人科専門医・指導医
・日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
・日本がん治療認定医機構認定医
・日本産科婦人科内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
町田 静生
(まちだ しずお)
町田 静生
【一般外来】
月(午前・午後)
金(午前)

婦人科 科長

◆新潟大学卒 医学博士
・日本産婦人科学会産婦人科専門医・指導医
・日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医・指導医
・日本がん治療認定医機構認定医
・日本産科婦人科内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
・インフェクションコントロールドクター(ICD)
・日本内視鏡外科学会技術認定医
鴨澤 千尋
(かもざわ ちひろ)
鴨澤 千尋
【一般外来】
月(午前)
金(午前・午後)
婦人科 医師

◆自治医科大学卒
・日本産婦人科学会産婦人科専門医・指導医
・日本産科婦人科内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
佐伯 直彦
(さえき なおひこ)
【一般外来】
金(午前・午後)
婦人科 医師
山本 一貴
(やまもと かずたか)
【一般外来】
木(午前)
婦人科 医師

外来診療のご案内外来診療日程表診療案内

担当疾患

悪性疾患

子宮頸がん、子宮体がん、子宮肉腫
卵巣がん、卵管がん、腹膜がん
膣がん、外陰がん

良性疾患

子宮筋腫
卵巣腫瘍

悪性疾患の患者さんの生命を守るため、良性疾患の患者さんには、手術までの待ち時間が長めとなる可能性があります。感染症の流行の状況などに応じて、子宮筋腫などの患者さんには、お近くの病院での手術をおすすめする場合がございます。

特長

1.婦人科悪性腫瘍に専門的な治療を行います

子宮がん、卵巣がん等の女性特有のがんに対して、主に手術、抗がん剤治療(化学療法)を行います。初期がんから進行・再発がんまで、がん専門病院として質の高い診療を目指します。
日本婦人科腫瘍学会より認定された、婦人科腫瘍専門医が複数在籍しております。
放射線治療は放射線治療科、緩和ケアは緩和ケア科と連携して診療いたします。

2.腹腔鏡手術を積極的に行っています

おなかをあける通常の開腹手術と比較し、傷の小さな腹腔鏡手術を積極的に行っています。良性腫瘍だけでなく、悪性腫瘍に対しても腹腔鏡手術の割合が増加しています。
日本産科婦人科内視鏡学会より認定された、腹腔鏡技術認定医が複数在籍しております。

【子宮頸がん】

進行段階に応じて、手術、抗がん剤治療、放射線治療を単独、あるいは組み合わせて行います。初期がん(上皮内がん)では妊娠機能を温存した子宮頸部円錐切除術も選択肢となります。

【子宮体がん】

多くの場合、子宮および卵巣を切除します。リンパ節を切除する場合もあります。近年では腹腔鏡下手術の割合が増加しています。必要に応じて、手術後に抗がん剤治療を追加します。

【卵巣がん】

手術で切除した後、必要に応じて抗がん剤治療を追加します。手術前に抗がん剤治療を行う場合もあります。近年、がん細胞を直接攻撃する抗がん剤治療とは異なる「分子標的治療」といわれる薬も用いられるようになってきました。
「分子標的治療」の例としては、がんを栄養とする血管を標的として、がん細胞を兵糧攻めにする治療などがあります。

ページトップへ