婦人科

常勤医師

担当医師名 診療日 専門分野/学会認定等
関口 勲
(せきぐち いさお)
関口 勲
月(午前)

木(午前)

金(午前)

セカンドオピニオン外来
金(午後)
島根医科大学卒 医学博士
婦人科科長

・日本産婦人科学会産婦人科専門医・指導医
・日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
・日本臨床細胞学会細胞診専門医
・日本がん治療認定医機構がん治療認定医
・緩和ケア研修ファシリテーター
・コミュニケーション技術ファシリテーター
森澤 宏行
(もりさわ ひろゆき)
森澤 宏行
月(午前)

木(午前)
婦人科医師

外来診療のご案内外来診療日程表診療案内

担当疾患

悪性疾患

子宮頸癌
子宮内膜癌
卵巣癌
子宮肉腫

良性疾患

子宮筋腫
卵巣腫瘍

特長

1.子宮頸癌検診

子宮頸癌検診を毎週木曜日午後に実施しています。

2.各科と密接な連携した治療

診療内容は婦人科悪性腫瘍の手術、放射線療法、化学療法、緩和ケアなどです。患者さんは検診機関、診療所、総合病院、大学病院などからの紹介がほとんどです。初回治療のみならず、手術後や再発患者さんの紹介も少なくありません。抗癌化学療法は腫瘍内科と、放射線療法は放射線治療科と、緩和ケアは緩和ケア科と連携して行っています。初期癌から進行癌、再発癌まで、患者さんのご意向に沿いながら、質の高い診療を目指しています。悪性疾患は子宮頸癌、子宮内膜癌、卵巣癌などが中心です。最近は子宮内膜癌が増加傾向にあります。子宮頸癌の手術では子宮腟部円錐切除、単純子宮全摘、準広汎子宮全摘、広汎子宮全摘術があり、放射線療法あるいはシスプラチン併用放射線療法なども施行しています。治療の後遺症を少なくするという目的で放射線療法の頻度が増しています。通院可能であれば通院治療が可能です。子宮内膜癌の手術では単純子宮全摘、あるいは後腹膜リンパ節手術を伴う子宮全摘術などがあります。卵巣癌では妊孕性温存手術や根治的手術を施行しており、卵巣腫瘍切除に加え子宮全摘、後腹膜リンパ節切除などが施行されます。リンパ節郭清については術後のリンパ浮腫を減少させる目的でリンパ節生検やリンパ節手術を省略するなどの方法がなされるようになりました。術後の化学療法としては、タキソール+カルボプラチン、 アドリアシン+シスプラチンなどに加え、トポテシン、トポテカン、ドキシル、ジェムザールなどの新規抗がん剤治療もしています。

3.良性疾患の治療

悪性疾患ばかりでなく、子宮筋腫や良性卵巣腫瘍などの良性腫瘍の治療もしています。良性卵巣腫瘍では腹腔鏡手術を積極的に施行しています。今後子宮の初期悪性腫瘍にも腹腔鏡手術を拡大していきたいと考えています。

4.院外教育への参加

院外教育活動としては緩和ケア研修会のファシリテーター、あるいはコミュニケーションスキルトレーニングのファシリテーターとして、緩和ケアや医師のコミュニケーション技術の向上に協力しています。

ページトップへ