肝胆膵外科

常勤医師

担当医師名 診療日 専門分野/学会認定等
菱沼 正一
(ひしぬま しょういち)
菱沼 正一
金(午前)

セカンドオピニオン外来
火(午後・第2週)、水(午後)、 土(午前)

精検外来
水(午前・午後)
慶應義塾大学卒 医学博士
副理事長兼病院長

・日本外科学会外科専門医・指導医・代議員
・日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医
・日本消化器病学会消化器病専門医・指導医
・日本肝胆膵外科学会高度技能指導医・評議員
・慶応義塾大学医学部客員教授(外科学)
尾澤 巌
(おざわ いわお)
尾澤 巌
火(午前)

肝がん予防外来
水(午前)

セカンドオピニオン外来
水(午後)、 金(午後)、土(午前)

精検外来
金(午前・午後)

慶應義塾大学卒
理事兼副病院長

・日本外科学会外科専門医・指導医
・日本消化器外科学会認定医
・日 本消化器病学会消化器病専門医
・日本がん治療認定医機構がん治療暫定教育医
・慶応義塾大学医学部客員准教授(外科学)

富川 盛啓
(とみかわ もりあき)
富川 盛啓

水(午前)

セカンドオピニオン外来
土(午前)

慶應義塾大学卒 医学博士
肝胆膵外科科長

・日本外科学会外科専門医・指導医
・日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医
・消化器がん外科治療認定医
・日本肝胆膵外科学会高度技能専門医・評議員
・日本がん治療認定医機構がん治療認定医

星本 相淳
(ほしもと そうじゅん)

金(午前)

セカンドオピニオン外来
土(午前)
慶應義塾大学卒 医学博士
肝胆膵外科副科長

・日本外科学会外科専門医・指導医
・日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医
・消化器がん外科治療認定医
・日本消化器内視鏡学会専門医
・日本がん治療認定医機構がん治療認定医
・日本胆道学会認定指導医
・日本医師会認定産業医

白川 博文
(しらかわ ひろふみ)
白川 博文

水(午前・午後)

セカンドオピニオン外来
土(午前)
愛媛大学大学院卒 医学博士
肝胆膵外科医長

・日本外科学会外科専門医・指導医
・日本消化器外科学会消化器外科専門医 ・指導医
・消化器がん外科治療認定医
・日本がん治療認定医機構がん治療認定医
・日本肝胆膵外科学会高度技能専門医・評議員
・日本消化器病学会消化器病専門医
・日本内視鏡外科学会技術認定医
・日本胆道学会指導医(癌外科治療)

非常勤医師

担当医師名 診療日 専門分野/学会認定等
尾形 佳郎
(おがた よしろう)
尾形 佳郎

火(午前)
慶應義塾大学大学院卒 医学博士
名誉病院長 非常勤医師

・日本外科学会特別会員
・日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医
・日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
・日本臨床外科学会特別会員・栃木県支部長
・米国外科学会(ACS)会員

外来診療のご案内外来診療日程表診療案内

担当疾患

悪性疾患

肝細胞癌
胆管癌
胆嚢癌
膵臓癌・悪性膵神経内分泌腫瘍
他臓器癌肝転移

良性疾患

良性膵腫瘍
胆石・胆嚢炎

特長

1.他科と協力した集学的治療

当センターでは、外科医、腫瘍内科医、内視鏡医、画像診断医、病理医などが参加するカンファレンスを行い、各々の症例について診断から治療法まで幅広く検討したうえで診療を行っています。
肝細胞癌に対しては外科的切除が最も有効な治療法ですが、手術以外にも局所療法(ラジオ波焼灼術)、血管造影下治療(動脈塞栓術や動注療法)や化学療法など様々な治療法があり、画像診断部(IVR)、腫瘍内科と協力し、より高いレベルでの集学的治療を行っています。
また、膵癌の中でもいわゆる「Borderline resectable」(切除出来るかどうかがぎりぎりの状態)と呼ばれる局所進行症例に対しては、治癒切除率を高める目的で術前に抗がん剤(S-1の内服など)を併用した放射線療法 (50.4Gy)を行っています。

2.高難度手術に対応

日本肝胆膵外科学会の厳しい審査により認定された高度技能専門医2名が中心となり、高難度の肝胆膵外科手術を行っています。他施設で切除不能と診断され当センターに紹介となった症例に対しても、カンファレンスで慎重に検討したうえで血管合併切除などの拡大手術を積極的に行っています。 (当センターは高度技能専門医修練施設*(B)認定を受けています。)
*学会の認定する指導医や専門医が常勤し、高難度外科手術を年間30例以上施行している施設。

3.切除不能を可能にする最新化学療法

切除不能大腸癌肝転移症例に対しては、多種の抗がん剤を併用したFOLFOX、FOLFIRIあるいはXELOXに加えて分子標的薬剤を投与しています。化学療法が奏効し切除可能となれば積極的に手術を行い、治癒を目指します。
切除不能膵癌に対しても、少数ながらFOLFIRINOX、GEM+nab-PTXなどの多剤併用化学療法を行うことにより腫瘍の縮小を認める症例が散見されるようになっており、今後は切除を行うことにより成績の向上が得られる可能性も出てきました。


4.低侵襲治療、鏡視下肝切除術

肝細胞癌の局所療法として、腹(胸)腔鏡下マイクロ波凝固やラジオ波凝固(RFA)術を導入しています。また、肝部分切除や外側区域切除を行う際には術後のQOLを重視して腹腔鏡下肝切除術も積極的に行っています。

5.豊富な経験による積極的な血管合併切除

遠隔転移を伴わない膵癌に対して、唯一治癒が期待できる治療法は手術による切除のみです。私たちは豊富な臨床経験をもとに、血管合併切除を積極的に行うことで膵癌の切除率を向上させるとともに、化学療法・放射線療法を組み合わせた集学的治療を取り入れ、良好な治療成績を得ています。

6.胆道癌に対する肝切除と術後肝不全予防策

胆道癌の治療は、「手術できるかどうか」で治療の見通しが大きく変わります。現在のところ、胆道癌を根治できる治療法は手術による切除のみといえます。胆道癌の中でも、肝門部胆管癌や胆嚢癌では根治切除に大量肝切除が必要となり、手術には専門的で高度な知識や技術が必要です。
術後肝不全を防ぐために必須となる残肝容量の推定には、コンピュータによる残肝ボリューム測定を導入し、正確な評価を行っています。
大量肝切除を要する手術の際には、術前に経皮経肝門脈塞栓術を施行し、残肝予定量を増加させることも行っています。

ページトップへ