食道胃外科

常勤医師

担当医師名 診療日 専門分野/学会認定等
松下 尚之
(まつした ひさゆき)
松下 尚之

【一般外来】
木 (午前・午後)

【セカンドオピニオン外来】
土 (午前)



食道胃外科 科長

◆大分医科大学卒
◆熊本大学大学院卒 医学博士
・日本外科学会外科専門医・指導医
・日本消化器外科学会消化器外科専門医
・消化器がん外科治療認定医
・日本内視鏡外科学会技術認定医
・日本食道学会食道科認定医
  

藤田 剛
(ふじた たけし)


【一般外来】
火 (午前)
木 (午前・午後)

【セカンドオピニオン外来】
土 (午前)


食道胃外科 副科長

◆浜松医科大学卒 医学博士
・日本外科学会外科専門医・指導医
・日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医
・消化器がん外科治療認定医
・日本がん治療認定医機構がん治療認定医
・日本消化器病学会専門医  
・日本内視鏡外科学会技術認定医
・日本食道学会食道科認定医

林 雅人
(はやし まさと)


【一般外来】
木 (午前)


食道胃外科 医師

◆慶応義塾大学卒
・日本外科学会外科専門医

外来診療のご案内外来診療日程表診療案内

担当疾患

悪性疾患

食道癌  
食道肉腫
消化管間質性腫瘍(GIST)
胃癌
食道胃接合部癌
十二指腸腫瘍
肉腫
胃粘膜下腫瘍(GISTなど)

良性疾患

逆流性食道炎
食道裂孔ヘルニア
食道憩室
食道アカラシア

特長

1.腹腔鏡下手術を多数施行

当センターでは、癌の根治性を損なうことなく、QOL(生活の質)の維持を目的として、腹腔鏡視下手術を行っています。また全ての手術手技を腹腔鏡下で行う完全鏡下手術を原則としています。開腹の手術に比べ、創の痛みが軽減され、より早期の離床が可能となり、肺炎・腸閉塞予防になるため、術後の回復が促進されます。

腹腔鏡下胃切除術(Laparoscopic gastric surgery: LAG)の適応


当センターにおける腹腔鏡下胃切除件数




腹腔鏡下手術後の創(手術からしばらくするとほとんどわからなくなります)


腹腔鏡下手術風景


術前3DCTによる精緻な診断(精緻な手術に不可欠です)



2.初診から短期間で術前検査が終了
 初診当日から術前検査を開始し、10日から14日で手術前に必要な検査が終了します。 検査はすべて外来で行いますが、検査日程は、医師事務作業補助員(当センターではドクターズクラークと呼んでいます)が、患者さんの希望を伺って調整します。

3.胃外科、食道外科の共同チーム
 胃外科・食道外科が上部消化管グループとして同一チームで診療を行っているため、近年増加傾向にある食道胃接合部癌に対しても腹腔・胸腔問わず最適なアプローチが可能であることも特徴です。

ページトップへ