呼吸器外科

常勤医師

担当医師名 診療日 専門分野/学会認定等
松隈 治久
(まつぐま はるひさ)
松隈 治久
火(午前)

木(午前)

セカンドオピニオン外来
土(午前)
宮崎医科大学卒
呼吸器外科科長

・呼吸器外科専門医合同委員会呼吸器外科専門医
・日本外科学会 外科専門医
中原 理恵
(なかはら りえ)
中原 理恵
火(午前)

木(午前)

セカンドオピニオン外来
土(午前)
浜松医科大学卒
呼吸器外科副科長

・呼吸器外科専門医合同委員会呼吸器外科専門医
・日本外科学会 外科専門医
若松 郁磨
(わかまつ いくま)
若松 郁磨
木(午後) 呼吸器外科医師

外来診療のご案内外来診療日程表診療案内

担当疾患

悪性疾患

原発性肺癌
転移性肺腫瘍
その他肺腫瘤
縦隔腫瘍
胸膜腫瘍

良性疾患

過誤腫
奇形腫

特長

1.治療方針の決定

当センターでは、胸部腫瘍に対し呼吸器内科と呼吸器外科が合同で治療にあたっています。初診時は、曜日によって呼吸器内科か呼吸器外科が対応し、精査を行いつつ毎週水曜日に行われている呼吸器キャンサーボード(多職種による会議)にて治療方針を決定していきます。その後治療の段階で、手術を軸とする治療は呼吸器外科が、抗癌剤など手術以外の治療を軸とする場合は呼吸器内科が担当します。

2.胸腔鏡下手術(VATS)

現在、I期の肺癌(リンパ節転移のない症例)に対して胸腔鏡下手術を行っています。小さな創で肋骨を切らないために体に負担が少なく、肺癌の標準手術である肺葉切除術を行った場合でも手術後約1週間で退院が可能です。

3.胸部悪性腫瘍に対する集学的治療

リンパ節転移や隣接臓器へ浸潤を認めるような進行肺癌や悪性胸腺腫のような腫瘍に対しては、手術による切除だけでは治癒が困難です。そのような症例には、呼吸器内科や放射線治療部と合同で、抗癌剤や放射線治療を手術と組み合わせた集学的治療を行います。当初切除が困難と判断された症例でも集学的治療により手術が可能となり、治癒が得られる症例も認められます。

4.CTで発見されるスリガラス影病変の経過観察

近年、CT検診の普及などにより、通常のレントゲンでは発見できない淡いスリガラス結節が発見されることが多くなりました。小さなスリガラス影は経過をみても変化を示さないものが多いのですが、一部では数年の経過で増大傾向を示す切除が必要な肺癌を含んでいます。当センターでは最新のヘリカルCTを使用し、CT検査による被曝線量も考慮し,適切な経過観察および手術療法を行っています。

5.リンパ節転移の組織学的診断(超音波気管支鏡(EBUS)を用いた経気管支針生検)

治療方針の決定にはリンパ節転移の有無は重要な因子ですが、画像検査のみでは困難なことがあります。当センターでは2012年よりEBUSを導入し肺門、縦隔の リンパ節転移の組織学的な診断を行っています。EBUSは 縦隔鏡検査とは違い、気管支内腔からエコーでリンパ節を確認し穿刺するため、患者さんへの負担が少なく、高い精度で診断が可能です。

ページトップへ