呼吸器内科

常勤医師

担当医師名 診療日 専門分野/学会認定等
神山 由香理
(かみやま ゆかり)
神山 由香理
水(午前)

禁煙サポート(緑の外来)
月(午後)
川崎医科大学卒
呼吸器内科科長

・日本内科学会認定内科医
・日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
・禁煙学会認定禁煙治療専門医
笠井 尚
(かさい たかし)
笠井 尚
月(午前)

木(午前)

金(午前)

セカンドオピニオン外来
土(午前)
長崎大学大学院卒 医学博士
呼吸器内科副科長

・日本内科学会認定内科医
・日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
・日本がん治療認定医機構がん治療認定医
・日本臨床腫瘍学会暫定指導医
中村 洋一
(なかむら よういち)
笠井 尚
火(午前)

セカンドオピニオン外来
土(午前)
長崎大学卒
呼吸器内科副科長

・日本内科学会認定総合内科専門医・指導医      
・日本呼吸器学会専門医・指導医・評議員      
・日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医      
・日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医      
・日本がん治療認定機構認定医・暫定教育医      
・日本肺癌学会・評議員
杉山 智英
(すぎやま ともひで)
笠井 尚
月(午前)
昭和大学大学院卒 医学博士
呼吸器内科医長

・昭和大学呼吸器・アレルギー内科兼任講師
・日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
・日本呼吸器学会呼吸器専門医
・日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
・日本がん治療認定医機構がん治療認定医

外来診療のご案内外来診療日程表診療案内

担当疾患

悪性疾患

肺癌
胸腺癌などの胸腺腫瘍
悪性胸膜中皮腫などの胸膜腫瘍

間質性肺炎や慢性閉塞性肺疾患等の呼吸器病変が合併した肺癌に対する治療も行っています。

特長

1.担当医だけではない呼吸器内科チームで最善の医療を提供

呼吸器内科は、胸郭内の腫瘍の抗がん剤治療を主な業務としています。その対象疾患は、肺癌、胸腺癌などの胸腺腫瘍、悪性胸膜中皮腫などの胸膜腫瘍などです。基本的には手術が適応外の患者さんが対象ですが、放射線治療との併用、術後の抗がん剤治療、臨床試験としての術前の導入化学療法など集学的治療が必要な患者さんが多いのが現状です。また主治医ひとりの判断だけでなく他の担当医も診断、治療に関わり、チーム医療により患者さんに最善の医療を提供するように努めています。このため、内科、外科、放射線科合同の症例カンファレンスと呼吸器内科の症例カンファレンスをそれぞれ毎週1回開催しています。治療方針は基本的に診療ガイドラインを遵守するようにしています。ただ個々の患者さんにおいては、様々な身体的状況、社会的状況がありますので、その状況に応じて治療方法は臨機応変に対応するようにしています。

2.積極的な臨床試験参加

当科では、JCOG、WJOG、TORG、TCOG、NEJなど臨床試験グループと共同で、できるだけ多くの臨床試験、治験を行うようにしています。これらの試験を行うことによって、一歩先んじている可能性がある治療や新しい抗がん剤治療を患者さんに提供することができます。これらの治療は、その期待される効果、予想される有害事象など、患者さんに十分説明し同意を得て行うようにしています。 また、当センターの地域連携センターを介して、できるだけ地域の診療所、病院各位と医療連携を進め、患者さんにとってより良い医療を提供したいと考えています。

3.喫煙防止教育


 予防医療に大切な喫煙防止教育や禁煙講話を、県内外の小学校を中心に、年間約60回行っています。
ページトップへ